特徴|リハビリパーク 板橋病院

  • 板橋病院ブログ

特徴 特徴

個別プログラムと温かい見守りで、あなたの頑張りを
365日チームで支えます

特徴
  • リハビリ専門病院として地域に根ざして貢献。
    希望と自信をもって自宅に戻れるように、じっくり丁寧に、リハビリのお手伝いを致します。
  • 患者様に寄り添い、体調管理はじめ精神的サポートやベットサイドでのケアも積極的に行います。
    常に笑顔で前向きな気持ちで毎日が過ごせるよう全力で看護。
  • 専門家集団によるチーム医療、1人の患者様を様々な角度からサポート。
    入院から退院、自宅に戻るまでの一貫した切れ目のない治療とケアを提供。
特徴

患者様とご家族に寄り添った治療と看護
~信頼と笑顔のサポート~

回復期リハビリテーション病院とは・・・

脳血管障害や骨折などにより急性期の治療を受けて、発症から1~2ヶ月の間に集中的なリハビリテーションを行うことで、身体機能の回復、日常生活に必要な動作の改善、寝たきり防止、家庭復帰を支援する病院です。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士等がリハビリテーションプログラムを共同で作成し、集中的にリハビリテーションを提供します。

回復期リハビリテーション病院について

回復期リハビリテーション病院に入院するには「どんな病気の方」なのか、「入院期間はどのくらいまで」大丈夫なのか等の規定があります。

対象疾患 発症からの期間 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷(わんしんけいそうそんしょう)等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 2か月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 2か月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折、又は2 肢以上の多発骨折の発症後、又は手術後の状態 2か月以内 90日
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2か月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1か月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1か月以内 90日
対象疾患
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷(わんしんけいそうそんしょう)等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態
発症からの期間
2か月以内
入院期間
150日
対象疾患
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷
発症からの期間
2か月以内
入院期間
180日
対象疾患
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折、又は2 肢以上の多発骨折の発症後、又は手術後の状態
発症からの期間
2か月以内
入院期間
90日
対象疾患
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後
発症からの期間
2か月以内
入院期間
90日
対象疾患
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後
発症からの期間
1か月以内
入院期間
60日
対象疾患
股関節又は膝関節の置換術後の状態
発症からの期間
1か月以内
入院期間
90日